目の前には、まっすぐな1本の道

地平線の彼方まで続く道を
淡々と歩いていく。

この先、何があろうとも、
自分と、自分を信じてくれる仲間たちを信じて、
1歩1歩、確実に歩いていく。