トリニティメソッド ® 10の5

午前中スタッフの打ち合わせで、
カードを引いて今日のご縁を確かめることは、
こんな感じで終わったのですが、
ブログを書いている今、もう一度説明書を見て、ビックリ。

この猿田毘古神は、天から下った一行を迷わないように、
高千穂まで導く道案内をしたと。

実は、先週、高千穂まで、行ってきたばかり。
でも高千穂神社付近で、天狗さんとは会えなかったのですが、
ふと立ち寄った大分県の霊峰尺間(釈魔)神社で、天狗さんとお会いしました。

IMG_6592.JPG
(霊峰尺間山 山頂に鎮座する天狗さま)

また、今回は、祖母の七回忌のため帰省したのですが、
その法事が終わって、叔父さんが何の脈力もなく、
「そういえば、ばあさん、山の高い木のあたりに、
 白い着物を着た人が5~6人いるって言っていたことがあったな。
 ちょっとボケていたのかな~。」
とぼそっと山の方を見ながら言っているのを聞いて、私たちは顔を見合わせました。

本当に、この天狗松には、天狗さんが来て止まっていたんだ!
祖母も祈祷をしていましたので、感覚の鋭いものは持っていたのだと思います。

でも私たちがそこで、
「叔父さん、それは天狗さんだよ」って言っても、
笑って済まされただけだと思います。
この話は、このブログと私たちの胸の内にしまっておきたいと思います。

トリニティメソッドは11月12日、
法事で話を聞いた日が、11月23日、
霊峰尺間(釈魔)神社へ参拝したのは、11月25日。

トリニティメソッドの内容をご紹介するブログがどうしても書けなくて、
ずっとさぼっていた意味も解りました。

このつながりが解らないと、
当日の朝、このカードを引いた意味が見えなかったのですね。

今回のトリニティメソッドの内容が、
こうして霊峰尺間(釈魔)神社へとつながってくるとは、
今の今まで考えてもおりませんでした。

そんな驚きを抱きながら、
まさか、私が午前中に引いたカードは・・・と思ったら・・・。

あっ、やっぱり!

・・・明日へ続く・・・