虹色の鷹が旅立った

世界に平和へのメッセージと祈りを発信し続けた、
親愛なるレインボー・ホークがこの世を去られました。

私は、ファーストピース・サークルの主催するワークの中で、彼のことを知り、
彼の説く平和への祈りとその実践を学びました。

また、ファーストピース・サークルを日本で主催する女性の招きを得て、
レインボー・ホークとその伴侶ウインドーイーグルに
お会い出来る幸運に巡り合うことができました。

その感謝の気持ちを抱きつつ、レインボー・ホークの旅立に心より敬意を表します。

「親愛なるレインボー・ホーク
 あなたに出会えたことに感謝いたします。

 あなたの教えを聞き、あなたの教えを守り、
 世界に平和への祈りと実践を広げんとする者たちに最後のメッセージを頂きたい。」

私はそう願い、レインボー・ホークの魂へと語りかけました。
すると、とてもキレイな大空を飛んでいるイメージが浮かびました。
色はそう、乳白色に光が当たり、キラキラとまるで虹色に光っているよう。

・・・

私は今、空を優雅に飛んでいる。
とてもキレイな空だよ。

下を見ると、茶色の大地に、
緑色の葉っぱを生い茂らせた木々、
川の水が勢い良く流れ、大地を潤している。

鳥たちのさえずりが、
私の心を楽しくスウィングさせてくれる。

太陽の光がとても眩しく、優しく微笑んでくれている。

この惑星(ほし)に生まれ、育っていく命。
誰もが愛を受け、愛し愛され生きている。

両手を広げ、すべての命に伝えよう。

あなたは、愛を受け取るために生まれてきた。
その愛をたくさん、たくさん受け取って、
抱えきれなくなったら、周りの人にも分けてあげよう。

頑張らなくていいんだよ。
楽しんでいいんだよ。
あなたの笑顔が、すべてを癒していくよ。

私は、あなたをずっと見守っている。
私の妻も、私のたくさんの子供たちも。

この世に生まれて生きているたくさんの子供たちよ。
愛を受け、すくすくと育っておくれ。

・・・

ご冥福を心よりお祈り申し上げます

                 日響 娃