トリニティメソッド ® 10の6

午前中に私が引いた神様カードは、
「玉祖命:たまのやのみこと」

このカードのイラストは、出雲型勾玉でした。

ちょうどこの日は、
しろ白檀で作られた出雲型勾玉をしていましたので、
やはり今日はご縁があったのかなと思っていました。

カードの説明書には、
「身の回りのものを大切にしていますか。
 古いものを美しく保ち、磨いていきなさい。」というような内容でした。

「あ~最近、断捨離して、色々と片付けているけど、
 スピードが速いのかな・・・もう少しやり方を見直さないとね。」

そして玉祖命がお祀りされている神社は、島根県の玉作湯神社など。

昨年の12月、雪の中を4人でお参りした神社です。
「願石に願いを込めて、友達に配ったなぁ~。」そんなことを、当日思っていました。


でも、このブログを書いている今、
もう一度この説明書を読んで、びっくり。

玉祖命は、
天の岩戸の前で、美しい勾玉を作った神様。

そう、先週の帰省の合間に、天の岩戸神社にお参りして、
今回、遥拝までさせていただきました。

遥拝時は、写真撮影などは禁止でしたが、
心の中に、その光景とエネルギーを刻みこみました。
そう言えば、その時も、この出雲型勾玉をしていたなぁ~。

IMG_6411.JPG
(天の岩戸神社)

今回のトリニティメソッドの内容が、
やはり、天の岩戸神社にもつながっていたのですね。

トリニティメソッドの日程と、九州帰省の日程も、
偶然ではなく、必然であったことに、今も驚きを隠せません。