~佛教用語:南無(ナマステー)全託する~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

南無の後には、色んな佛さまの名前がつくけれど、
人は、佛の前にすべてを投げ出し、一心にこの言葉を唱える。

  ・南無 阿弥陀仏
  ・南無 妙法蓮華経
  ・南無 観世音菩薩 etc

南無は、大空の佛と、あなたの内に存在する佛を結びつけ、
共鳴させる「言霊:ことだま」(真言・マントラ)。

自分の良いところ、悪いところをさらけ出し、
すべてを解放し、赤ん坊のような無抵抗な姿に戻ること。

社会生活を続けるためには、
自分というある程度の枠を取り繕わなければいけない世の中。

人は、内側と外側に壁を作り、微妙にコントロールしている。

他の誰にも、また自分自身までも、自分の内側を知らない。

どんな心を持ち、どんな願いを抱きながら、生まれてきたのか。

南無から始まる言霊(真言・マントラ)は、現在たくさん語られているが、
すべて、「自分を見てくれ」である。

それは、目の前にいるであろう佛さまに対してでもあるが、
自分の内側に存在する内なる佛に対してでもある。

人は、言霊(真言・マントラ)を発するとき、
自分の耳でその音を聞き、身体が反応していく。

本人の心は、知る由もないことだが、
魂は、何千年もの間それを培っていて、言霊(真言・マントラ)に対して身体が反応する。

この言霊(真言・マントラ)の意味はさておき、
音の響きとして、身体に染みこむとき、内側に存在する佛が動く。

それは、目の前にいる佛さまでなく、
内側に存在する佛に、自身が気づき、目覚めよというシグナルである。

昔から、当たり前のように、家に仏壇があり、
誰かが祈りの音を発し、子供の頃、それを日常的に聞いていた。

当たり前のことが、当たり前でなくなった今、
あえて、この南無を出していく必要が、出てきたのであろう。

南無は、あなたの心を震わす言霊(真言・マントラ)

唱えるとき、魂が反応し、身体が動く。

少しずつ声に出して、唱えてみよう。