スピリチュアルメッセージをお届けします。
スピリチュアルメッセンジャー 日響娃スピリチュアルメッセンジャー 日響娃
1991年、私は姉の紹介で、気功の世界に導かれることになりました。気功に関しては、病気が治ったり、体調が良くなる程度のことしか思いつかず、何事も体験というぐいの軽い気持ちで始めたのです。
気功をすることで特別な感覚を得ようとも思わず、また不思議な体験をするというようなことも起こらず、自分の精神と肉体の鍛錬という思いで、練功を続けていました。
しかしある時、それはやってきました。気功瞑想において、ごくまれに、生まれる前の記憶や、スピリチュアルな導師のメッセージを受けることがあると聞きますが、私のそれは母の肉体に宿らんとするときに持ってきた記憶の覚醒という形で表れました。(自然道法れいめい拳参照)
そしてそのビジョンとスピリチュアルボイスに導かれるままに、人からの相談ごとに携わる機会が増えていきました。気功の持つ本来の目的である性命双修(*せいめいそうしゅう)の精神に基づき、「この普及も兼ねて、れいめい拳を世に出しなさい。」とのお言葉を私の気功の師から頂き、このたび、れいめい拳を始めることになりました。
れいめい拳においては、まず、あなたがこの世に生を受けた時に持ってきたものに意識を定めます。肉体に宿らんとするときの姿や持ち物は、自ずからあなたの霊性の本質を示し、これから生涯を生きるうえでのあなたの生き方やクセ、性格、行動パターンを暗示し、その目的を解き明かしてくれる重要なカギとなります。誕生に至るまでの第一章をひも解き、霊性を明らかにし悩み解決へのアドバイスをいたします。あなたの人生の1ページをれいめい拳と一緒につづっていきましょう。

*性命双修(せいめいそうしゅう:性を養い、命を養う)
性は、性質や本質・人格を養うこと。命は体・健康を養うこと。心と体を一体ととらえ、共に成長することをいう。


 Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
 当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。