セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳

魂の本質

ふわふわした白い鳥の羽根


魂のほんしつ
持って来たもの
その時のあなたは、8歳ぐらいの女の子。右手にこの羽根を持ち、ヒラヒラさせている。羽根を天に向けたり左に向けたりして、風の吹く方向を指している。腰の高さまである草原に立ち、大自然と共にいる。

持って来たものの意味
身を守るためにこの羽根を持ってきた。この羽根で体を撫でれば、痛みが消える。肉体だけでなく、心も和む。この世の中で生きていくには、これば必要だと思ったから。

生まれて来た意味(目的・氏名・役割)
自分が幸せだと感じること=他の人も幸せだと感じること
自分の役割は、そういう空間を作ること。それが、皆の日常的なものでなくても良い。その時々で、自分も含めて皆が、感動すれば良い。


人がいて自分がいる。自分がいて人がいる。人を介して、皆が成り立っていると思っている。うやむやな話はあまり好きでなく、きちんと説明を自分にも相手にも求めている。いつも同じことは嫌、変化が欲しい。自分にとって良いか悪いかは、そのときの気分による。気分がすぐれないと、何もヤル気が起こらない。但しヤル気になったときの行動力は、誰よりもある。のどが痛くなったり、体調が悪いときは、光のアメをなめて、その悪いところで溶けるイメージを持つと良い。



内面
持って来たもの潜在意識のあなたの声
「これからの人生を、どのように生きていったら良いのでしょうか。」
持って来たものの意味
今までの人生、自分の考えと違う方向に流れつつもあり、また軌道修正して一番良いと思われる道に切り替えたりもした。その時々で、一番ベストな対応だったと思うし、今の人生を悔やむ気持ちはない。自分の性格から考えると、人に従うのにも限界があり、と言って、無理やり人に従わさせることも好きではない。一番自然な形は、周りが自主的に動いてくれること。そのためには、自分が指し示す方向に自信を持つこと。人が集まりやすい雰囲気を自ら出すこと。
最初は、体力的にも疲れることだが、慣れてくると、周りの協力も得られて楽になる。今までの人生は、自分が損をしないように、道を選んできた兆しがあるが、これから先は、損得を考えないで自分がやりたいと感じることをやっていくと良い。
この半年ぐらいは、人のために行動することで、運気が巡ってくる。このときのラッキーカラーは、淡いグリーン。


体験者の声
日頃、自分が感じている想い、自分の人生に関して感じていた想いが、ハッキリとした言葉で告げられて、スッキリとしました。生まれてきたときの姿や思いは、意外な面を見たようで、もう一度改めて自分を見つめ直すことをしたいなと思います。ひとつの道筋が見えたような気がしました。


    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。