セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳


人間関係
持って来たもの妹
「妹のこれからの生活と家族。」
持って来たものの意味
<この人は、こんな人>
・右に行きたいのに右に行けず、左に行きたいのに左にも行けず、自分の中で、こんがらがって、最後に、もういいやって後ろに行った感じ
・自分の意志はあるけど、その行動が伴わなく、責任がない。
・自分勝手で、人のせいにばかりし、それでいて温もりを求めてもがいている。
・根本的には、とても寂しがり屋で、愛に飢えている。
・相手に求めることが多く、自分が求められても、出すことがない。

<これから(生活・家族)>
・今苦しいとすれば、それは自分が招いたものであり、誰のせいでもない。
・自分が満たされる為に、理由をつけて相手から勝ち取るのではなく、
 もっと自分に正直になってみること。
・まず自分が一個人として、何を望んでいるのかを考えてみること。
・その整理がついてから、家族のことや生活のことを考えること。
・自分が満たされない限り、誰も満たすことが出来ない。
・「〜になりたかった」とか、「〜したかった」と後悔するのではなく、
 「じゃあ、今の自分には、それに向けて、何が出来るのか」を考えてみると、
 道がどんどん開けていく。
・今できることを、理屈抜きで、考えてみること。

<あなたができること>
・不満などの話を聞いてあげられる心の余裕があるのなら、聞いてあげてください。
・不平・不満を、自分の中から出すことが、妹さんには、必要なのです。
・聞く側にとっては、とても大変なことだけど、要らないものを吐き出さないと、新しいものは入ってきません。
・吐き出すことで、心が軽くなり、わかってくれるという安心感で、心が穏やかになります。
・あなたが、妹さんの気持ちに共感できれば、2人の関係も変っていきますよ。


体験者の声
私が思うにホントにずばり、そのとおりの人、というカンジでした。最近では けっこうひんぱんにメールのやりとりをしているので、妹の愚痴、不満を聞いてあげています。・・・っていうか、向こうから(愚痴、不満を)こぼしてきた、ってカンジ。(苦笑)
「〜したかった」「〜になりたかった」というのは彼女の口癖と言ってもよいくらいで「ねえちゃんはいいなぁ」というのも、以前は言っていた。
共感・・・できればよいけれど、聞いていると(甘いなあ)と思うこともしばしば。
でも「聞いてあげる」「不平不満を吐き出させる」のは大事だと思った。
時には説教じみたアドバイスもしていたけれど、かえって逆効果にもなりかねないので、今後吐き出してきた時はしばらくは『聞き役』に徹してみます。よい助言を、ありがとうございました。


    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。