セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳

魂の本質

星の光


魂のほんしつ
持って来たもの
無数の星が、夜空に散りばめられ、輝いている。
下から空を眺める、上から地上を見下ろす。
どんな角度でも、見ることができる。

持って来たものの意味
人々に希望を与えるため
平等にしていて、区別することがない。
どの角度で誰が見ても、いつも輝いているから、持ってきた。

生まれて来た意味(目的・氏名・役割)
色んな人生を体験し、そのときの心のあり方を感じ、それを周りに伝えていくため。
自分が生きるということで、周りの人は何かを感じ取るだろう。
達成することは「心」、浮かんだり沈んだりしながら動いている心を、ある一定のところで維持しながら生きていくこと。
現世で言われているお金の価値より、心の価値を大切にしていきたい。


人を信じると、疑うことを忘れてしまい、月日が経っても、同じ態度で接する。それが良くも、悪くもなる。
根本的には寂しがりやだが、時間を有効に使うことができる。
いつも変わらない接し方は、心の底からの行動である。
人から恨まれることはないが、勘違いされてしまうことがある。


人間関係
持って来たもの彼
「パートナーは現れるの?」
持って来たものの意味
自分からすぐ好きになって、その人しか見えなくなるタイプ。
一人のときは、時間を有効に使えるのだが、好きな人ができると、その人の生き方を優先して合わせてしまうところがある。
今後の付き合い方は、自分の生き方を確立させ、その生き方と同じような刺激が得られる人が良い。その時も、相手に合わせないで、お互いに話を充分にし、今まで以上に納得できるまで行動に移さないこと。
付き合い始めは、対等な立場だが、すぐに合わせてしまうところは、良くも悪くもあるが、自分の今後を考えると、そろそろ合わせるのは止めて、いつでも対等でいられるようにすると良い。
その為には、
  1. まず、自分の生き方を確立していくこと。
  2. 心が落ち着くと、相手に左右されなくなり、お互いに成長していく関係が生まれる。
  3. 相手と自分の距離が、一番良いところで付き合えるようになり、負担がかからないので、長い付き合いができるようになる。

来年3・4・11月 人の出会いが多い月。
その月は、オレンジに近い黄色を持っていると良い。

体験者の声
欲望に対する答えは、よくありますが、自分自身の根本的な問題点を言ってくれるものは、あまりなく、感激しました。魂のパターン化をどうしたらいいか、具体的な答えは良いサポートになり、自分のウィークポイントが明確化したと思いました。
私がこのれいめい拳を受けて思ったことは、自分が傲慢になっているときは、このれいめい拳は受け入れにくいでしょう。受ける側にもタイミングが必要であり、また本人の受け取り方によって、自分自身が変わっていくと思います。自分の嫌な部分を受け入れると、人生の転機になるでしょう。
私はとても良いタイミングでお会いできたと思います。良いご縁に感謝します。



    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。