セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳

魂の本質

龍の顔を持つひも


魂のほんしつ
持って来たもの
長さは50センチほど、太さは直径2センチほど。上下にまっすぐに伸びている。
緑がかった黒色をしていて、上に上がっていく。持とうとすると、手に絡みつき、すり抜けて、また上に上がる。重力に逆らっている感じ。ひもの先にある龍の顔はまっすぐ上を向いて、口は閉じ、優しい目をしている。長いひげがあり、角もある。手はない。

持って来たものの意味
目先をいつも上に持ち、修正するタイミングと距離感を、いつも肌で感じていたいから。
どの組織にも属さず、それぞれの道を行く。
だが、人の手を借りないと、修正することはできない。
その人の持っている良さを、うまく引き出し、お互いに成長していくために、持ってきた。

生まれて来た意味(目的・氏名・役割)
周りが考えている「常識」は、本当に常識なのかを問う。
人に意見を押し付けるのではなく、自分の考える常識を、身を持って体験し、周りはそれを見て、考えることがあるだろうと、私は思う。
自分の考える道を生きる。正々堂々と生きることで、何らかのメッセージを周りに伝えていく役割を持つ。


自分の考えを表現しているが、肝心な所は言えなかったりする。
失敗してもクヨクヨせず、いつも前向き。
細かい気配りは、自然にできる。
ひとつのことに心を捉われると、それがいつも頭をよぎり、切り替えがうまくできないときがある。
もともと心が安定しているので、心配はないが、不安定になると、少し1人の時間を持つと落ち着く。


人間関係
持って来たもの子
「子供が、国際人として育ていくためには、どうしたら良いか。」
持って来たものの意味
住む場所は、日本であっても、海外であっても良い。
日常生活の中で、少しずつ英語に慣れさせ、ゲーム感覚で対応すること。
「言葉」は、慣れと興味から覚えることができる。まずは楽しいことが大切。
そして大切なことは、「心」。言葉だけ覚えても、薄っぺらい人になるだけ。
自分より弱いと思える人に対してのいたわりの心や、間違ったときの自分の対応の仕方、また逆に人が間違ったときの指摘の仕方など、本人の「心」の成長が必要になってくる。
色んな人と出会い、そのときの心の動きを話し、本人がどう感じているのか聞き出し、方向性を見極めていくこと。
本人が何をすれば輝いていくかは、成長と共に分かってくるだろう。

体験者の声
今日、「れいめい拳」を体験させて頂きまして、自分のことが、より理解できました。今日の言葉を忘れないように、人生を歩んでいきたいと思います。
子供のことについても、本人の考え、意見を重視して、子育てをしていきたいと思います。
最初は、どんなお言葉が出てくるのかと思いましたが、心配することもなく、安心しました。ありがとうございました。



    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。