セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳

魂の本質

花びらが4つあるお花


魂のほんしつ
持って来たもの
色は、淡いピンク色。
茎を持って走っている。花の匂いを嗅いでいる。
周りは草原のようで、風が気持ちよく吹いている。

持って来たものの意味
可愛いものが好きだから。
人にこの花を見せたりして、自慢している。

生まれて来た意味(目的・氏名・役割)
人に喜びを与えるため。
この花を見た人が、私に声を掛けてくれる。
知らない人と話をして、仲良くなれるように、このお花を持ってきた。
いつも楽しくいたいから。


わからないことを伝える表現がうまく見つからない。
何を伝えたらいいのかを、順番に考えてみる。
自分の中で良い・悪い・できる・できないを考えて、できるものからやっていこう。


人間関係
持って来たもの両親
「パパとママを選んだ理由」
持って来たものの意味
<本人の言葉>
だって、2人とも好きだから。皆が仲良く笑っていられると思ったから。
私がやりたいことは、いろんな人と出会って、たくさん話をして、人の気持ち(心)の大切さを覚えること。
どんなに楽しくても、どんなに悲しくても、皆が一緒なら怖くない。
助け合って生きていくことの大切さを、パパとママから学んでいくために生まれてきた。

体験者の声
<本人より 小学2年生>
私が花を持ってきたとは、思わなかった。花はそんな好きじゃないのに、花を持つなんて思ってもなかった。
皆が一緒なら怖くないというのは、思っていたのと一緒だった。
2人とも好きなのは、それもそうだと思った。



    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。