セッション料金
れいめい拳の流れ
あなたのお悩み
人間関係編
決断編
内面編
魂の本質
体験例
自然道法れいめい拳

魂の本質

走っても走っても疲れない靴


魂のほんしつ
持って来たもの
草原を風と一緒に走る。
空を飛んでいるみたいで、とても気持ちが良い。

持って来たものの意味
自分を自由に表現したいから。
体をすべて使って、のびのびと、本当の自分を表現していきたいから。

生まれて来た意味(目的・氏名・役割)
できること・できないこと、皆それぞれ違っていて、やりたいことも違う。
「同じ人間はいない」ということを伝えていきたい。
誰かの色に染まることは、したくない。
そんなことをすると、自分じゃなくなっている。
本当に出したい自分を、うまく出せるようにするために、生まれてきた。


自分の考えを持っているのに、伝えることを面倒がり、強い意見に流されがち。
それで納得すれば良いが、心の中に不満が残る。
自分の意見が言える相手と、言えない相手がいて、区別している。
苦手なものをやってみると、意外とできたりする。
何でもやってみれば、案外スムーズに事が運ぶ。


内面
持って来たもの自分を変えたい
「本当に出したい自分を、うまく出せるようにするためには、どうすれば良いか。」
持って来たものの意味
(1) 一生懸命考えると行き詰るので、1人でゆっくりできた時間があったとき、やってみよう。
(2) 疑問に思うことを、 ぼんやりと考えてみる。
(3) 自分は、それをやりたいのか、やりたくないのか。
(4) 何をしているときが、楽しいのか。
(5) 何をしているときが、つまらないのか。
(6) 何でつまらなくなったのだろう。考えてみて。
(7) それは、友達のせい? できなかった自分のせい?思い出してみて。
(8) じゃあ今度は、違うやり方で、もう一度やってみよう。

体験者の声
<本人より 小学6年生>
どうして話を聞いたりしていないのに、自分のことがわかったのかが、不思議だった。
ほとんどのことが自分のことと一致したので、びっくりした。



    ▲ ページトップ







Copyright 2006 Reimeiken.com All rights reserved.
当ホームページの無断転載、複写、蓄積、転送、変換を禁じます。